車を買うのでローンを組もうかなと考え中

車を買う際にローンを利用する方は多いと思います。

その際、まず確認するのが金利と支払い回数ですよね。

車屋さんで取り扱っているマイカーローンの多くは返済回数を1回から60回の間で設定できます。

ただ、60回の分割支払いと言われてもあまりピンとこない方もいるのではないでしょうか。

120万円の車を購入する場合を例に出します。

そうすると60回払いなので1月の支払いは2万円+利子です。

月々2万円くらいなら生活に無理なく支払っていけそうな感じがしませんか?もちろん、頭金を準備していたら月々の支払額もその分下がります。

大学へ進学すると車の免許が取れるようになって行動できる範囲が一気に広がります。

免許を取った後は自分の車が欲しくなりますよね。

その際現金一括で支払う人はなかなかいなくマイカーローンを利用することが多いと思います。

初めてこういったローンを利用するという人も多いはずです月々の返済額や車の維持費が想像以上にかかって結局手放してしまうという体験談も聞きます。

返済が滞納したりしないように必ず利用するローンのHPにあるシミュレーションなどで月々の返済額を確認して申し込みましょう。

車をローンで購入することを誰にも知られたくないときに保証人が必須だといわれると困りますよね。

マイカーローンを使う際に保証人は必要なのでしょうか?基本的には必要ないローンが多いです。

保証人が必要な時とはふどんな時なのでしょうか。

まず、ローン制度における保証人とは、ローンを組んだ本人が何らかの理由で返済ができなくなった時にその返済を肩代わりする人です。

収入が不安定だったり、最近働き始めたばかりの時は必要です。

また、現在会社員として働いており、収入が安定していたとしても信用情報に傷をつけないようにするため公共料金の支払いは期日までにしましょう。

車は車ほど高価ではありませんが現金一括で買える人は少ないですよね。

でも、どうしても車は欲しい!というときに利用するのが金融機関などが行っているマイカーローンです。

大まかに分類すると銀行機関によるオートローン、マイカーローンホンダなどディーラーが行っているローン、車専門店ごとに異なる提携ローンプロミスなどの使途自由なカードローンの4種類があります。

金利が付くからローンは嫌という人もいますが数万円程度増えることがほとんどです。

それならば本来、貯金にかかる1年間、2年間という時間を車と過ごせる時間にしましょう。

ローン審査について調べていると審査に落ちたという人を見かけます。

なぜ、審査に落ちてしまうのでしょうか。

落ちる理由として考えられるのはいくつかあります。

まず、1番可能性が高いのがフリーターやバイトなど収入が安定せず高額なローンを組むと返済が難しいと判断された場合です。

他にありがちなのがクレジットカードや携帯料金などでトラブルを起こしていた場合にも審査に落ちることがあります。

通常、ローン審査の際は信用情報を確認しており、過去のクレジットやローン内容を見て判断します。

これは、マイカーローンなどの専門ローンでも同じです。

車は車に比べると安いイメージを持っている方もいますが最新の車種などは100万円を超えることもあります。

また、中古価格は車よりも下がりにくいというのも車を購入するための一つのハードルになっています。

購入資金が足りない時に利用するのがマイカーローンです。

特にジャックスのローンは非常に有名でほとんどの車ショップやディーラーが取扱いをしています。

マイカーローンは一般的に2つ分かれ、車メーカー独自のローンではそのメーカーの新車を買う時のみ適用できるなど制約があります。

その点、ジャックスのローンでは中古でも関係なく利用することができます。

突然ですが、皆さんは車などを買う際にどう購入しますか?現金一括で買う人は少なく多くの人はマイカーローンなどのローンを組みますよね。

ローンを組むことで何が変化するのかを考えてみましょう。

まず、大きく変わるのが時間です。

仮に、一括で買おうとした場合、数十万、数百万円という額を貯めようと思ったら時間がかかります。

せっかく乗りたいという気持ちなのに実際に買って乗ることができるのが1年後とかになってしまう可能性があります。

車は買って終わりという商品ではなく、乗っていろんな所を走ってローンを使えばそれができるのに貯金のためにその時間を使うのは勿体無いです。

そのため、車を購入する際はローンの利用をおすすめします。

車を買う際に活用するマイカーローンですが多くの車ショップで扱っているローンでは頭金の必要はないですが稀に、支払いが必要な場合があるそうです。

その額の相場としては、その際、払う額の平均は10万円前後となっているようです。

なぜかというと払ったほうが審査時に有利になるからです。

平均10万円くらいと書きましたが払わない・払えない場合に「これくらいの金額が払えないの?」と資金力に疑問を持たれる可能性もあります。

ローン会社としては滞納や貸し倒れを減らしたいので、少しでも払っておくと計画性のある方と判断されやすくなります。

少しでも払って入れば月々の支払額もその分下がるのでできるだけ用意しましょう。

手軽で小回りが利き、車に比べて維持費などが低い車は、若者のライフスタイルに溶け込みやすく、購入を検討している人も少なくないでしょう。

一括で支払えない時に便利なマイカーローンですが、アルバイトでも使うことはできるのでしょうか。

結果から言うとアルバイトでも使えます。

審査では、正規雇用、非正規雇用よりも安定収入があるかを重視するため、アルバイトでも毎月安定した収入があれば融資してもらえる確率は高いです注意点としては、未成年の場合は親の承諾が必須なことと用途が決められた専門ローンなので通常のカードローンよりも厳しいことです。

場合によっては通常のカードローンの利用も考えておきましょう。

借金をする際はできるだけ周りの人に知られたくないものです。

ローンを組む際に会社によっては職場などへの在籍確認を行う場合もあります。

それでは車を買う際のマイカーローンやオートローンなどではどうなのでしょうか。

基本的には金融機関の行うローンは在籍確認を行います。

その際、本人が必ずしも出る必要はなく他の社員が出ても大丈夫です。

また、稀に確認しない場合もありますが、確認するしないに関しては各機関の判断次第になっており、基準はわかりません。

審査の段階で勤務年数や他の機関からの借入状況から判断されているようです。

どうしても電話されたくないという場合は保証会社によって確認しないローンもあるので探して見てください。

参考:パートでも借りれるマイカーローンは?主婦でも組める【限度額いくら?】