陶芸教室の選び方は?

みなさんは、どのようなことを重点に陶芸教室を選んでいますか? 実際に、陶芸教室で体験してみようと思った人に、陶芸教室について、基本的な知識をお知らせしましょうね。 陶芸を体験することができる教室とは、日本全国にたくさん存在していますが、それらを大きく分けると2種類になります。 1つは、窯元や観光地などが行っているもので、観光客用などに「1日陶芸体験教室」を行っているもの。 この場合、数時間程度の陶芸体験になるので、成形のみの体験で、土練りから焼成までの陶芸の全工程を体験することは不可能です。 成形の方法も、体験する陶芸教室により違いがありますが、初心者向きには「ろくろ」を使わないで行う「手びねり」「タタラ作り」をする教室「電動ろくろ」を使わせてくれる教室などいろいろです。 このような場合には、陶芸体験時間は2時間程度で、料金は5,000円前後になっています。 料金には、作品を焼いてもらう代金や自宅までの郵送料なども含まれているのです。 この場合、陶芸の中で一番面白い成形が体験できるので、陶芸を一度体験したい人にはいいでしょう。 もう1つは、カルチャーセンターなどで行われている陶芸体験で、きちんと入学手続きをし定期的に通って、陶芸の全工程を一通り行える教室になります。 このような場でも、1日体験をしているところがあるので、体験してみてから入学を決めてもいいでしょう。 料金は、入学金1万円前後、指導料が1回3,000円前後で、焼成料は作品の大きさにより異なります。 出来上がるまでには、1ヶ月程度はかかるので、最低でも2回は陶芸教室に行くことになるのです。